Eストアー法人営業部 ロゴ

東京・札幌・大阪・福岡


企業のダイレクトマーケティングを支援!
コンサルティングと運営代行の
アウトソーシング

調査分析、戦略立案、クリエイション、プロモーション、受注処理、物流ロジスティクス

EC強化と人手不足を同時に解決

EC強化と
人手不足を
同時に解決

コンサルティング

運営代行

Eストアーが提供する6つの成果マップ

EC事業部アウトソーシングのEストアー
EC事業部
アウトソーシングの
Eストアー

6サークルの、中央付近をいくら改善しても疲弊するばかりです。
ビジネスは、両端ほど大切であることは、言うまでもありません。
とくに左側ほど成功確度をにぎり、右側ほど収益アップに効果します。
このような視座から、クライアントニーズを勘案して、
ドライブポイントとボトルネックを浮き彫りにしていきます。
 6サークルの、中央だけをいくら改善しても疲弊するばかりです。 ビジネスは、両端ほど大切であることは、言うまでもありません。 とくに左側ほど成功確度をにぎり、右側ほど収益アップに効果します。 このような視座から、クライアントニーズを勘案して、 ドライブポイントとボトルネックを浮き彫りにしていきます。




コンサルティング

『敵を知り己を知れば百戦危うからず』
『敵を知り己を知れば
百戦危うからず』


 市場、他社、自社の3つの角度から、 ネット市場の場所と位置と大きさ、競合状況、占有可能領域、占有率、 を徹底調査する事から始まります。戦略はそのエビデンスを伴って企画立案し、 のちにPDCAで検証しながらチューニングを重ねてゆきます。



運営代行

『選択と集中 』『遠くの親戚より近くの他人』
『選択と集中 』
『遠くの親戚より近くの他人』


 インハウス化の流れから、アウトソースに変わってきたのは、 人材不足や定着困難なだけでなく、 ネットマーケットは特に市場や施策の変化が激しいからです。 アウトソースによって、メーカーを代表として、得意に集中できるよう 手足を伴い責任を持ってあたるのが、私たちの運営代行です。



事実をまっすぐお伝えします
事実をまっすぐ
お伝えします

『不利益ならば、やらない提案も』
『不利益ならば
やらない提案も』


 例えば、集客のための広告効率化が課題になっている時、 分析結果が広告効率の問題でなければ、 正直にそれをお伝えして来ています。 それは当社が受注を戴いたとしても、クライアントの幸せに結ばないからです。 これが出来るのは、当社が特定業態ではない、ニュートラルな立場だからです。



DIRECT MARKETING

それは
顧客と直接つながる
膨大なメリット

ダイレクトマーケティングの膨大なメリット

分かっているけど、
何を?いつ?
何処から?
それを解決します。

人口減とデフレの中、先行き不透明な販売依存どころか、
ネットの時代に顧客と接点を持てない恐怖。
分かっていても、見当もつかない「販売」しかも「ネット」。
心配は要りません。そのために私たちが居ます。
20年にわたる、ネットのダイレクトマーケティングの
経験とデータを惜しみなく提供致します。

モール販売は、じつは卸売構造、なのに運営までやらなければならない。
このヘンな委託販売構造にお気づきと思います。
顧客情報、接点を一切持てないままに、
ポイント・メルマガ・キャンペンの泥沼から、
抜け出したいと言うお客様のご相談は、日に日に増えています。
人口減とデフレの中、先行き不透明な販売依存どころか、 ネットの時代に顧客と接点を持てない恐怖。 分かっていても、見当もつかない「販売」しかも「ネット」。 心配は要りません。そのために私たちが居ます。 20年にわたる、ネットのダイレクトマーケティングの 経験とデータを惜しみなく提供致します。

モール販売は、じつは卸売構造、なのに運営までやらなければならない。 このヘンな委託販売構造にお気づきと思います。 顧客情報、接点を一切持てないままに、 ポイント・メルマガ・キャンペンの泥沼から、 抜け出したいと言うお客様のご相談は、日に日に増えています。



EC CLINIC

貴社とマーケットを徹底解析

ダイレクトマーケティングの膨大なメリット

対症療法ではなく
原因治療するのはあたりまえ。

コンサルティングは、ECクリニックで管理運営されています。
本番設計にはいる前に、クリニックを経て検討するお客様が一般的です。
クリニックは人間ドック同様に、詳細な調査と数値化を行いますが、
問診に相当する定性評価に重きが置かれます。

市場、競合、自社の3Cを軸として、
売り場所、価格、そして商品サービスは、
売筋品、集客品、収益品に分けて4P分解されます。
基本項目である、集客数、購買率、回遊率、離脱率、カゴ落率の、
5つの効率化項目をSWOT設定し、勝率を導き出します。
その時間とコストを算出し、ここからはじめて戦略設計が始まります。
コンサルティングは、ECクリニックで管理運営されています。 本番設計にはいる前に、クリニックを経て検討するお客様が一般的です。 クリニックは人間ドック同様に、詳細な調査と数値化を行いますが、 問診に相当する定性評価に重きが置かれます。

市場、競合、自社の3Cを軸として、 売り場所、価格、そして商品サービスは、 売筋品、集客品、収益品に分けて4P分解されます。 基本項目である、集客数、購買率、回遊率、離脱率、カゴ落率の、 5つの効率化項目をSWOT設定し、勝率を導き出します。 その時間とコストを算出し、ここからはじめて戦略設計が始まります。



CONTACT

ご相談、ご訪問、ご来社、
お気軽に問い合わせください。


こんな事も
ご依頼いただいております。

・貴社臨時嘱託での業者対応(1回や1週間でもOK)
・自社EC、自社プロモーションなど、現状の客観評価(同上)
・社内向けのセミナー、オリエンテーション、勉強会。
・導入や運用のOJT,導入教育。



東京本社(虎ノ門) 
03-3595-2941 

札幌支社(北1西4) 
011-206-1227 

大阪支社(心斎橋) 
06-4963-3081 

福岡支社(祇園) 
092-432-7671 

平日 10:00~18:00 




WE ARE

 1999年、Eストアーは、自社ECに専門特化した、国内初のカートシステムをリリースしました。 これは端的に言えば、モールは卸売なので、インターネット原理に則ったワントゥーワンでの商業、 つまり検索や今でいうバズやSNSを見据えた想いからです。 以来ブレずに、直販EC、自社EC、専門店EC、そしてECとは物販に限らず。を実直朴訥に続けてきています。

 創業より20年を経て、そこで蓄積された経験とデータは、GAFAとは真逆にある、 自社ECに極めて役に立ち、顧客も利益も100%自社の財産になる礎になっています。 ビッグデータやAIには無い、アナログでタッチハートな「三河屋さん」戦略を提供。 法人営業部とそのソリューションサービスは、2015年より行なっていますが、 この叡智共有を求められる時代に、お陰様でたいへん多くのクライアントに、 喜んでいただいております。

株式会社Eストアー 法人営業部
エグゼクティブマネジャー
執行役員 池嶋准