Estore

 

SPORTS 販路拡大への足がかりとなった
ネットショップ

OBJECTS:
販路拡大を実現するためのEC参入
SERVICES:
ショップサーブ 自社ECサイトの立ち上げ

創業当時は、近隣の小中学校へ体操服などの外商を行いつつ、ウェアや用品などを販売していた町の小さなスポーツ用品店でした。約8年前に、県外にも販路を拡大してみてはという社長の考えから、IT事業部という部署と自社サイトを立ち上げました。

自社サイトの売上げは好調で、しばらくして「オリジナルプリントができるジャージ専門のサイトを作ってみては」という話が挙がりました。 他社のシステムとも比較したのですが、月額コストが安い上、トップページの自由度が高く、SEOにも強いと思えるサービスは、ショップサーブだったんです。

そこで、新サイトはショップサーブを利用することになりました。1名の専属スタッフだけでもショップサーブの機能を使いスムーズに運営ができています。

地元の小売店が他の店にないオリジナルプリントというサービスをネットで展開できているのもページのカスタマイズの自由さがあってこそです。定期的に行われている「ネットショップ大賞」カテゴリ部門にも選ばれ、モチベーションは上がり続けています。

時期を自分で選べる!大手通販モールと自社サイトの一番の違いは?

時期を自分で選べる!大手通販モールと自社サイトの一番の違いは?

ショップサーブを搭載したジャージ専門の通販サイト「ジャージ王国」を運営すると共に、大手通販モールにも出店しました。

大手通販モールでは、モール内の検索からの流入が多いというメリットがある一方で、ポイント還元セールなどに振り回されることも多かったです。繁忙期にポイントセールが重なるとすごく大変でしたね。一方自社サイトだと、閑暇期に合わせてセールを打てる上、ポイントセールなどに頼らず安定して売上げを伸ばすことができました。

また、大手通販モールのショップは外部ツールの導入がし難いのですが、ショップサーブならシンプルなサイト構成でfacebook、twitterなどSNSもうまく取り入れられ、よりお客様にとって親近感のあるお取引を進めやすい環境が整っています。

ショップサービスの機能を生かしユーザビリティの高いサイトへ

ショップサービスの機能を生かしユーザビリティの高いサイトへ

ショップサーブで一番のお気に入りの機能は「再入荷お知らせメール」です。

「ジャージ王国」では、再入荷のお知らせとしてだけでなく、新商品の先行予約のために使っています。発売前の商品情報を掲載し、入荷お知らせボタンを設置しておけば、他社より早くユーザーに情報を届けられます。
また、販売前から情報を掲載しておくことで、検索した際上位に上がりやすくなります。その商品を入荷する前に、他社より有利に動けるというわけです。

今年8月末には新テンプレートがリリース。さっそく使ってみましたが、正直最初は操作方法や変更の仕方が分からず戸惑った部分もありました。
サポートデスクに電話をしたところ、遠隔でも分かりやすく説明いただけたので助かりました。今風のデザインに変更でき、トップページのイメージも一新できました。今では自分たちのサイトの雰囲気に合わせたカスタマイズを楽しんでいます。

4年目を迎えたネットショップの売上げの変化とは

4年目を迎えたネットショップの売上げの変化とは

現在の「ジャージ王国」の売上げは、オープンしてから毎年2,000万円ずつ売上げが増加しているので、まだまだ右肩上がりを続けると思います。

競合も多い業界ですが、勝因は「SEOの強さによる集客力」にあったと分析しています。
「ジャージ」などのビッグワードの検索結果では、現在5位(2013年9月9日段階)です。そのため、広告費をかけすぎずサイトを運営できています。

ショップサーブは、トップページのキーワード数を増やしたり、ページ数を増やしたりできるので、その自由度の高さがSEOに有利に働いているのではないでしょうか。

オリジナリティのあるデザイン、リピーターを増やすサービス展開。 実店舗と同じようなお店作りをネット上で表現することを心がけ日々創意工夫をしています。

今では「ジャージ王国」とお店の名前を検索して来て下さるお客様も増えました。

OBJECTS:
販路拡大を実現するためのEC参入
SERVICES:
ショップサーブ 自社ECサイトの立ち上げ