Estore

 

INTERIOR クリエイティブ細分化で広告費用対効果が
255%→490%へ改善

リスティング広告の費用対効果改善

リスティング広告の費用対効果改善

広告経由売上が歩留まりしていたことにより売上が伸び悩み、改善策を試行錯誤するも、なかなか成果に結びつかない状況が続いていました。弊社にてセカンドオピニオンを行なったところ、プロモーション施策全体で広告文、バナークリエイティブ、ランディングページが単一化していることが成果悪化に大きく起因していることを突き止めました。

N社様は、取り扱い商材によって商品単価が大きく異なるためカテゴリ、商品毎に目標設定をできるようアカウント設計を再構築することをご提案しました。合わせて商品ページへ直接ランディングさせることができるPLAの実装と広告グループや広告文、キーワードを細分化、閲覧ページに応じてリマーケティングバナーの再設計も行いました。

費用対効果が出しづらい商品やキーワードが明確になったことで、新規獲得向け商品とクロスセル商品が明確化、広告費用対効果が255%→490%へ改善することができ広告経由のCVRが14%アップする結果になりました。

  • INTERIOR
  • 家具・雑貨商社N社 様
OBJECTS:
リスティング広告の費用対効果改善
SERVICES:
サイトプロモーション セカンドオピニオン プロモーション成果の改善